Ants.Meals & Coffee Bar – cafemagazine

こだわりコーヒー(Uncompromising quality coffee)

Ants.Meals & Coffee Bar

By  | 

湘南エリアで人気の辻堂駅から徒歩2分、駅前とは思えない程落ち着いた雰囲気の路地裏に、2018年12月8日にOPENした食事も楽しめるCoffee Bar。

オーナーのトランさんは、小学校4年生の時にテレビドラマで観た”コーヒー屋のマスター”の生き方に憧れ、高校の時に始めた飲食のアルバイトで”飲食は人を幸せにする事が出来る”と肌で感じ、自分のお店を持ちたいと思うように。

その後、バリスタはお酒も出来なくてはと昼間はバリスタ、夜はバーテンダーという形で修行し、料理の知識の必要性も感じイタリアンやベトナム料理屋のお店で調理も経験する。

店内は無骨なコンクリート剥き出しの空間と、ナチュラルなドライフラワーのコントラストが印象的で、クールなイメージ且つ温もりを感じる空間となっており、腰を据えてしっかり休める場所を提供したいとソファ席が設けられ、オーダーメイドで作ってもらったというテーブルは、ソファでも食べやすい高さになっている。

Ants(アンツ)という店名は、アリは地球にとって必要不可欠で、アリが滅んでしまうと地球も滅んでしまうと言われるほど重要な存在だということから、お店がお客様にとって必要不可欠な存在でありたいという事と、アリは運び手のイメージもあり、コーヒー、お酒、食材などが、色々な人の手を介して自分達(お店)の手に渡っているので、その最後の担い手としてちゃんと仕事を全うしたいという想いも込めて付けたのだとか。

また、AntsのAはプラスアルファのaともかけており、少しでも満足して欲しい
というトランさんの気持ちが込められている。

コーヒーはゲストビーンズという形で、横浜元町珈琲、woodberry coffee roaster、EMBANKMENT COFFEE、tsukikoya coffee roaster などの豆を現在使用しており、カフェレーサーという名のイタリア製SANREMOのエスプレッソマシンは、背面とサイドパネルがスケルトンなので中の構造が見え、エンジンルームを思わす、男心をくすぐるデザインが目を引く。

コーヒーとフルーツやスパイスを合わせた”インフューズドコーヒー”はお店の看板メニューのひとつ。コーヒー豆もフルーツなので相性が良いと色々試行錯誤し、コーヒーの窓口を広げたいとメニュー化。味わいはコーヒーではなくどちらかというと紅茶やジュースに近いので、コーヒーを飲めない人でも楽しめるのが特徴。

またパクチーが苦手な人でも食べられるように調理の仕方を工夫しているという「グリーンカレーのチーズリゾット」などの、”エスニックイタリアン”も人気メニューのひとつ。

ちなみにトランさんは、名前がニックネームだと思われる事が多いそうだが実は本名。日本生まれ日本育ちのベトナム人で、そういう意味でも”mix”というのがご自身の中に軸としてあるそうで、そこからインフューズドコーヒーや、
エスニックイタリアンなどのアイデアも自然な形で生まれたのだとか。

“お客様の用途によって顔を変えるお店”がコンセプトなので、カフェはもちろん、レストランやBarとしてなど使い方は自由。Noとは言わず出来るだけお客様の要望には応えていきたいと語るトランさん。

料理、コーヒー、お酒、接客、どれを取っても一切の妥協はなく、且つ肩肘張らずに楽しめる間違いないお店のひとつ。
 
 
 
Ants.Meals & Coffee Bar

Address:神奈川県藤沢市辻堂1-4-29 ハイペリオン湘南 A-4
TEL:0466-76-4232
FB:https://www.facebook.com/ants.mealsandcoffeebar/
Instagram: https://www.instagram.com/ants.meals.and.coffeebar/
Regular holiday:不定休
Time:14:00〜深夜2:00
 
※店舗情報は取材時の情報になります。
最新の詳細に関しては店舗に直接お問い合わせ下さい。
  
 
Interview,Writing & Photography : Takashi Inoda
 
 

☆近郊エリアのCafe➡