ABOUT – cafemagazine

ABOUT

MANIA CUP

CAFE MAGAZINEとは?

 
 

新たなコミュニティ空間としても重要な役割を果たしている現代のカフェ。
そこでは日々刺激的で楽しい素敵な出来事が生まれています。

そこで「カフェマガジン」では、カフェでの様々なイベントなどのリアルタイムな情報、カフェに集う人とリンクしているあんな事やこんな事、
そんな《カフェ》から発生する、ヒト・コト・モノの情報をベースに、様々なトレンドや最新情報を配信する、今までに無かったカフェカルチャーWEBマガジンを目指しております。

 
————————————————————————————–
 

私にとっての「Cafe」という空間

 
カフェに関わる仕事に携わる事数年、カフェという飲食の機能+αの「アルファ」の部分に魅力を感じ、埋もれてしまいがちな「α」から湧き出る素敵な出来事を、一人でも多くの人に伝えたいという想いから、2011年の秋に「カフェマガジン」を立ち上げました。

SNSの普及と共にネット上のコミュニティーが沢山生まれ、見知らぬ者同士が共通の価値を共有する事が可能になり、場所や時間にとらわれることなくあらゆる事に無限の可能性を見いだせる世の中になりました。

しかしながら実際に色々な場所に出向き、顔と顔を合わせないと伝わらない事も沢山あります。

ビジネスでさえも一度も会う事なく済んでしまうという事が可能な今日、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚といった五感全てを触発し、集まってくる様々な人々と独特の心地よい空気感(雰囲気)によって、第六感をも刺激し「想像を超えた新たなカルチャー」が生まれる予感を感じさせてくれたのが、他でもない「Cafe」という空間でした。
 
2011.3.11の震災の際、人の外出が減り街が静まり返り、飲食業界も大打撃を受けている中、なぜが売上げが落ちずむしろ人が多く集まった場所として、よく耳にしたのも「Cafe」でしたし、実際に私もその時期によくカフェに出向いていました。

多くの人が不安な気持ちに包まれている中、実際に人と人が直接触れ合う事の出来る、生きて行く上で必要不可欠な「食」を通じたリアルなコミュニケーション空間として、「Cafe」はその役割を担う貴重な存在でもある事をその時強く実感し、このサイトを立上げるきっかけにもなりました。
 
そんな大好きなCafeでの「一杯のcoffee」から生まれる新たなカルチャーを、このサイトを通して発信していければ幸いです。

 

2011年11月11日
編集長:猪田隆志(aka Adoni)

 
 
 

-About “CAFE MAGAZINE”-

 
 
 
Cafe has began to not only attract a new community,
but also give us many exciting
and magical moments in our everyday life!
 
Accordingly, we at ‘Cafe Magazine’ post cafe news,
and activities that surround the cafe communities.
We aim to create a new-style cafe culture web magazine.
 
————————————————————————————–
 

-Think about the space of ‘Cafe’-

 
 
I have worked on cafe for several years,
and fascinated by ‘something’ derived from the
mainstream of food business.
This is what inspired me for the autumn 2011
issue of ‘Cafe Magazine’,
to evangelize excitement that
gave birth from this ‘something’.
 
SNS became more and more popular, and
tons of communities began flooding the internet.
Even though people may not know each other,
we can share the same sense of values.
Moreover, this can help us recognize
unlimited possibilities,
regardless of time and occasion.
 
On the other hand, we still have the things
we can learn in getting to know each other
when we communicate face to face.
 
we can complete the deal without actually meeting.
Cafe visited a variety of people and
served in a cozy atmosphere,
inspired all our senses and dreamed up for us a New culture.
This is what I would say is the space of ‘Cafe’.
 
We experienced a huge disaster on 3.11.2011,
The restaurant business took a heavy blow,
just like other businesses.
However, we have heard that ‘cafe’ had been
still attracting customers somehow.
In fact, I often visited cafes at that time.

Cafe served us a real community space
thru food when we people spent their
everyday life being nervous.
I strongly believe that
cafe played an important role during that time,
and it also give me the chance to issue this web-site.
 
I believe that we can serve up
news of the hottest culture made fresh
as the ‘cup of coffee’
I have from the cafes that I love.
I hope you enjoy!
 
 
11.11.2011
Editor: Takashi “Adoni” Inoda
English subtitle: Hisato
 
アドニ(小)

※お願い※

過去に記事にしたカフェ情報などが、お店側で変更があった場合などに、古い情報のまま掲載されている事がありますので予めご了承下さい。
not every article are updated.

————————————————————————————–

お問い合わせはこちら
Contact us

cafe magazine 編集部
info@cafe-magazine.com

 

※掲載・取材依頼や広告・コラボレーションに関するお問い合わせもこちらまで
(但し、個人で運営している関係上、全てに対応出来ない場合がございますので予めご了承下さい)
Feel free to contact us. We affiliates, advertizements & collaborations.
Since we manage privately, we can’t all respond to a request.
————————————————————————————–

SNS

 

facebook
https://www.facebook.com/cafemaga

※facebookでしか手に入らない情報も!「いいね!」で最新情報をもれなくチェック出来ます☆
Some infomation only on facebook. Click Like!
 

twitter
https://twitter.com/cafemaga

※ツイッターのみでつぶやく情報も有ります!
Also we send the information only on twitter.
  

instagram
https://www.instagram.com/cafe_magazine/