「Yue's "北欧story"」Vol.3 "FUGLEN Cafe オスロ本店" | cafemagazine

Coffee Break

「Yue’s “北欧story”」Vol.3 “FUGLEN Cafe オスロ本店”

By  | 

 Yue’s “北欧story”

ノルウェーのヴィンテージ家具に囲まれ、
美味しいコーヒーやお酒とゆっくりと過ごせるカフェ
「FUGLEN OSLO」をご紹介します♡

日本で唯一”本物のノルウェー”を味わえる場所として、
東京にオープンした話題のカフェ「FUGLEN TOKYO」の
オリジナルショップがここ。
yue

デザインや福祉で知られる北欧だけど、
実はコーヒーでも先進国。
ひとり当たりのコーヒー消費量が
世界1位ともなったノルウェーは、
コーヒー王国とも言われてるらしいよ。

そう言われてみると確かにどこのカフェも
コーヒーの味にハズレがない!

特にFUGLENは、質の高いコーヒー豆を仕入れ、
味にこだわったコーヒーを提供してくれるから
常連さんたちも多い。

yue↑FUGLENオリジナルØLブックを持ってますが、
ここは昼間はカフェ、
夜にはバーとチェンジするんです。

*ØL とは = Beer ビールのこと

「Ø」はカタカナにしづらい発音で、
口を小さく丸く開いて発音するウとオの中間の音。
カタカナにするなら「ウール」かな。

FUGLENは「鳥・The bird」という意味。

Gは発音せずフーレン。
日本ではフグレンとも呼ばれている。

yue1店舗のみで長年支持され続けているFUGLENは、
1963年にコーヒーショップとしてオープン、
2010年にはカクテルバーとして
夜のFUGLEN Barをスタート。

初めてFUGLEN OSLOへ行った時に
偶然出会った日本人ケンジくん。

当時、東京にオープン企画中と言っていた通り、
昨年5月に海外進出第一号店
「FUGLEN TOKYO」を東京代々木にオープン。

ケンジくんはそこでマネージャーとして頑張っております。

東京店は小さな一軒家を改造し、
オスロと同じ雰囲気でこちらもコーシェリ☆

オスロ店に比べるとスペースは半分くらい。
週末は混むので平日が狙い目かな♪

migたんの東京店レポ→
ノルウェー発本格カフェ&バー・フーレン
yueFUGLENのヴィンテージデザインは
2011年に Good Design賞を受賞。

インテリアだけじゃなく、ここのマネージャーは
ノルディック・カクテルチャンピオンシップで
優勝したこともあるそう。Hurra!!

yueノルウェーの50〜60年代ヴィンテージ家具を使った店内は
オシャレというだけではなく、
すっごく落ち着くの。
ついついくつろいでしまってるけど、
ここにあるインテリア、椅子、テーブル、ランプなどは
すべて販売されている。

60年代のお宅へタイムスリップしました!!
そんな雰囲気。
 

続きはこちら➡
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。