アドニのまったりBlog「I Just Wanna Chill」Vol.12 "コーヒーストリートの誕生!?" | cafemagazine

Coffee Break

アドニのまったりBlog「I Just Wanna Chill」Vol.12 “コーヒーストリートの誕生!?”

By  | 

アドニのまったりBlog「I Just Wanna Chill」
こんばんは!編集長のアドニです。

ここ数年、いわゆる「サードウェイブ」と呼ばれる90年代後半からアメリカで拡がっている、コーヒー豆を熟知しコーヒー本来の味を楽しむ“大手では絶対に出来ない”手間隙かけてコーヒーを楽しむ新たなコーヒーカルチャーが、「職人気質」を持った日本人との相性も良いからか、今やあちこちでそう言ったこだわりのコーヒーが楽しめるコーヒースタンドなどがオープンしており、
全く別ジャンルのアパレルに併設されているのはもちろん、シェアオフィス、イベントスペースと言った、言わば人が集まるコミュニティースペースには「こだわりのコーヒー」が欠かせないといった勢いまで感じる程です。

エスプレッソにミルクを合わせる「カフェラテ」などの「セカンド・ウェイヴ」の代表的な “スターバックス” でさえ、この「サード・ウェイブ」の波に乗って「Inspired」というハンドドリップで淹れてくれるお店まで出しています。

そのサードウェイブコーヒーの先駆けのひとつとも言われる、サンフランシスコの最大手「BLUE BOTTLE COFFEE」の焙煎所兼カフェが、いよいよ日本に初上陸すると先日発表!

しかも場所は青山でも表参道でも代官山でもなく東京の下町「清澄白河」!!!

最初は正直びっくりしたけど、よくよく考えればなるほど!と思わせる場所でもあります。

清澄庭園や深川江戸資料館といった日本文化に触れる事が出来るスポットが沢山あり、東京都現代美術館やギャラリーも多く「ART」な街でもあり、実は素敵なカフェも多く存在します。

週末ともなれば年輩の方から若者までが街を散策する様子を最近では見る事が多くなったように感じます。しかも海外からの観光客と思われる人も沢山見かけたのが印象的でした。

2020年には東京オリンピックで、この辺りのエリアはさらにグローバルで活気溢れる街になるのは間違いないですしね。

肝心の場所はというと、新世代の焙煎士として今注目されている「林 大樹」氏が運営する人気のコーヒーロースター「ARISE COFFEE ROASTERS」からなんと徒歩20秒の所というからさらにびっくり!

というのも余談なのですが、実はARISEの大樹くんとはまだ僕らがコーヒー関係の仕事をする前からの古い仲で、数十年経ってまさか「コーヒー」が縁でまた繋がるとは思ってもいませんでした。

しかも「BLUE BOTTLE COFFEE」のオーナーJames Freeman(ジェームス・フリーマン)氏ご本人が、既にARISEの大樹君のお店に挨拶に来ており、その時の写真を頂きました!
ARISE

今後も名の知れたカフェがこのエリアに進出予定との噂も飛び交っており、
目黒のインテリアストリートのように、「清澄白河のコーヒーストリート」の誕生もそう遠くは無いかもしれないですね♪

-アドニ-

BLUE BOTTLE COFFEE
http://www.bluebottlecoffee.com/


ARISE COFFEE ROASTERS

http://arisecoffee.jp/