Vaughan's TOKYO COFFEE BLOG Vol.3  -Shouan Bunko- | cafemagazine

Coffee Break

Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.3   -Shouan Bunko-

By  | 

Tokyo coffee lover Blog ヴォーンさんのブログ第三弾!

今回は、夏に訪れた築80年の「Gallery & Book cafe “松庵文庫”」。
ヴォーンさんの言葉はとても純粋で心の隅々まで染み渡ります!
555072_589911031066443_1704104064_n

blog 3: Shouan Bunko

そのカフェは、西荻窪の人目につかないところにあると言う

そう聞いただけでもう、僕好みの場所だと思った・・・

よし、行こう

やっと見つけた

ウェブサイトにのっていた地図をたよりに

いくつかの街区は地図でみるよりだいぶ大きく感じる

それは僕のせいなのか、あるいは区画のせいなのか、はたまた地図のせいなのか

何はともあれ、可愛らしい地図である

いつものように、僕の胸の高鳴りはまた最高潮になる

わあ!

すごく日本的な佇まい

でも、もしかして閉まってる?

中を覗いてみる

嗚呼、やっぱり閉まっている

正面からしげしげと観察してみる

ゆっくりと

それは、古民家だった

とても古い、古民家

少なくとも築五十年は経っているだろう

今度は、窓から中をじっと見つめる

わあ、なんて可愛らしくて温かい雰囲気

中はいくつかの店に分かれているのか、パンが並べてある

小さなベーカリーの向こう側には

美しい家具たち

それから、丸窓の付いた扉

それから・・・

一本の木、低く大きく広がっている

ツツジだろうか

でも、今までけして見たことのないような

雄大な一本の木が、

青々と繁った芝生の真ん中に佇んでいる

星の王子様と、ジブリの映画が僕の頭をよぎった

非日常の世界

僕はもう恋に落ちていた

飛び石をつたって入り口に回り込む

うん、間違いない

閉まっている

・・・そこには看板がかかっていた

扉は古くて、取っ手は小さかった

僕は扉を開けてみようと思った

なぜそんなことをするんだ、ヴォーン

もう一人の僕が呟いた

扉は軽かった

僕は、取っ手が取れないといいなと思った

扉の下半分は開いたのに、上半分は閉まったままだ

おかしいな

ここは本当にエスプレッソを飲める場所なのか?

うーん、もう一回

開いた!

そこには純和風の玄関があり

スリッパが用意してあった

日本の匂いがした

とても古い、でも古きよき日本の匂い

僕は周囲をぐるっと見回した

その時、男性が現れた

ちょうど、僕と同じような髪型をした男性が

「テイキュウビ」

僕は顔が赤くなった

「休みですか?」

「ええ」

そして、たったそれだけで扉は閉まった

テイキュウビは腹立たしい

苦労してたどり着いたときは一層

東京のうだるように暑い夏はなお一層

だけど、僕は不思議と全然腹が立っていなかった

『男性が僕を店の中に招き入れてくれ、

何でも作ってあげるよと言ってくれた

僕たちはほとんど何も言葉を交わすことなく親友になった

そして、僕たちは親戚同士であるとわかったのだ

彼は僕のために何杯もコーヒーを作ってくれた

僕たちふたりは木の下に腰かけた』

その夜、僕はそんな夢をみた

その翌日、僕はまた西荻窪に向かった

僕は違う出口から出てしまい、完璧に迷子になってしまった

だって

出口は二つともおんなじように見えるのだ

でも、僕はまた、やっと見つけた

そしてまた、僕はここにいる

扉はもう開いていた

僕は靴を脱いで、

回りを見渡してすべてを理解した

ここはとても謎めいているけれど、

まぎれもなく、心地よい日本的な静寂に包みこまれている

僕は外でカフェラテを飲むことにした

縁側に腰を掛けて

あぐらを組んで、

これを書いている

蚊が多いから気を付けるように言われたけれど、

僕は全然気にしていなかった

僕はそんな自分に驚いた

だって、僕は本来アウトドアが嫌いなのだ

僕は本当にインドア派で

好きなものは、カフェに美術館、ライブ・・・

でも、ここでは外でコーヒーを飲まずにはいられないのだ

太陽の下で、

この木を見ながら

芝生を見ながら

そして何とも美しい型板ガラスを見ながら

なんと言うか、

ここには気持ちを穏やかにする不思議な力があるのだ

そう、そういうことだ

正直に言おう

ここは、まさに僕がこれまでの人生でずっと探し続けていた場所だった

これが現実であるとは、にわかに信じがたかった

僕はここに暮らしたいとさえ思った

最後に参考までに

その古民家は築八十年で、

そしてその木は百年前にまさにこの場所に植えられたものだという

そしてもちろん、コーヒーは完璧だった

translator notes:

このブログの原稿を初めて読んだとき、物語を読んでいるような気分になりました。おとぎ話の中に引き込まれていくように、時が経つのも忘れて一気に翻訳しました。そして、松庵文庫に行ってみたいと強く思いました。その数日後、私は実際にこのカフェを訪れました。答え合わせをするように細部までしげしげと眺めました。日常の喧騒から離れ、大きなツツジの木を眺めながらいただくコーヒーは最高で、彼を『ここに暮らしたい』とまで言わしめた理由がわかったような気がしました。

渡辺 景子 (Keiko Watanabe)
 
 
blog 3
café// shouan bunko

station// nishiogikubo-eki
hours// 11:30-21:00
closed// tues
website// http://shouanbunko.com/

photography// Satoru Tada, Mai Matsumoto
cover photo text & design// Rie Nemoto
owner// Okazaki-San
 
1234675_589752237748989_247641050_n999762_589752304415649_1537144241_n543447_589752341082312_2075263149_n37109_589752411082305_586851920_n1209000_589752481082298_92755393_n1231212_589752541082292_812261749_n1231398_589752621082284_834301370_n1234713_589752694415610_855482477_n1234396_589752754415604_1418733360_n1236461_589752884415591_1206328499_n1174734_589752931082253_626143367_n1234540_589752984415581_930218878_n1240233_589753034415576_884303126_n1003370_589753167748896_386853503_n1175394_589753207748892_170439591_n969645_589753247748888_855352698_n1236768_589753311082215_1595495632_n

blog 3: Shouan Bunko

i was told it’s a little hideaway in nishiogikubo

ok, sounds like my type of place already – i’m off!

i find it, finally

followed the map on the site

some blocks seemed much longer than others

don’t know whether that was me, the blocks, or the cafe map

but either way – it’s a pretty cute map

my hopes peak, once again

happens every time

…wow

it looks so Japanese

but it looks closed?

look in

oh no, it is closed

i examine everything from the front

slowly

it’s an old house

a very old house

i’d say at least 50 years

and i peer in through the windows –

wow.. looks so lovely n’ cosy inside

some bread there, a separate shop even?

and i can see beyond the little bakery

beautiful furniture

and rounded windowed doors

and…

a tree; low and wide

looks like a tsutsuji?

but like one i’ve never seen

a single majestic tree in the middle of the greenest grass

the little prince and ghibli come to mind

this place is so offbeat

and i’m already in love

stepping stones round to a door

yes, theres no mistaking it

it’s closed – i see the sign now

the door is old

and the knob is small

i decide to try to open it

why are you doing this Vaughan?

a light door

i hope this knob doesn’t come off

the bottom half of the door opens but the top half stays put

weird

is this place really going to serve me an espresso?

hmm..

one more go

it opens

a traditional Japanese entrance

slippers ready to wear

i can smell Japan

very old, but good old Japan

i give the place a once-over

and then the man appears

who has the same hair as me

“teikyubi”

i blush

it doesn’t take much for me to blush

“holiday?”

“yes.”

and that’s it

door closed

teikyubis can be so frustrating

especially when you’ve made an effort

especially in the tokyo summer

but surprisingly i’m not upset at all

the man invited me in

said that he’d make me whatever i wanted

we became best friends almost without saying a word

and we ended up finding out we were related

he made me coffee after coffee

and we sat together under that tree

yeah it was a pretty cool dream that night

the following day i head to nishi ogikubo again

and go out the wrong exit and am completely bloody lost

you see

both exits look the same

but i find it again, finally

here i am again

door is already open

and i take off my shoes

look around and take it all in

mysterious though it is here,

that unmistakable Japanese stillness lies over this place

i enjoy my cafe latte outside

sitting on the japanese porch

cross legged

writing this

the man tells me to be aware of the mosquitos

i don’t care about the mosquitos

and i surprise myself

because i normally hate the outdoors

i’m an indoors type of guy

cafes, museums, live music

i just have to have my coffee outside here

in the sun

looking at this tree

and this grass

and the most amazing kataita-glass

how can I put it?

this place has a real calming effect

yeah, that’s it

i can honestly say

this is actually exactly the place I’ve been looking for my whole life

i can barely believe that it’s really real

i’ve put in my application to live there

for those of you who like numbers

i find out the house is 80 years old

and the tree was planted 100 years ago

right here

and my coffees are perfect
 

※Vaughanさんのfacebookページはこちら→
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。