どんくんのペコペコBlog Vol.9 "サンダルキッチンに行ったことで阿佐ヶ谷が楽しくなった" | cafemagazine

Coffee Break

どんくんのペコペコBlog Vol.9
“サンダルキッチンに行ったことで阿佐ヶ谷が楽しくなった”

By  | 

どんくんのペコペコBlog TOP
阿佐ヶ谷駅
南口より徒歩3分くらいのところにあるビルの2階。
昼間は広告代理店に勤務しながら、
夜は阿佐ヶ谷のバー「サンダルキッチン」の
オーナーとしての顔を持つ スズキシンヤ氏。
最近では、シェアハウスの運営も始まり、
ついに三足目の草鞋を履いたそう。
そんなシンヤ氏に、サンダルキッチンについて
改めてお話を聞かせてもらいに行ってきました。

どんくんのペコペコBlog a(写真:スズキシンヤ氏@サンダルキッチン店内)
 
「いま同じ想いで頑張っている仲間達と
一緒におもしろおかしく生きていきたい。
たくさんの人と一緒に遊べるフィールドを作りたい」
そんなことを想い描きながら
日々、ワクワクする何かはないかと
アンテナを張っているシンヤ氏・・・
こう書くととってもカッコ良いけれど、
僕との出逢いは、上半身裸で
酔っ払って踊っている集団の1人でした。笑
あれから数年が過ぎ、スタッフとお客さんと言う垣根を越え、
今では僕が働いているしゅんかしゅんかのお野菜を使って
お料理を提供してくれています。

“もっと気軽に来て欲しいからお通しをなくそう!
お酒のおつまみにちょこっとつまめる
小皿料理を増やそう!”
「飲み屋さんとして大きな決断ではあったけれど、
その甲斐あって、ふらりと立ち寄ってくれる人が多くなった」
とシンヤ氏。
(手前味噌な話ですが)
しゅんかしゅんかの野菜を使うようになって、
野菜が美味しいと言ってくれる人がたくさんいるよ、
とも教えてくれました。
バーカウンターの黒板に、
こーんなにしっかり名前を書いてもらっていることや、
農家さんが手塩にかけて育てたお野菜たちが
こうして大好きな仲間のお店で使ってもらえていることも
ほんっとに嬉しくって、
ありがたいなあと心から思っています。
(いつもお野菜を美味しく食べてくれているみーんなも、
ありがとう!)

そして、サンダルキッチンの
看板menuになっているのはタコライス。
ご飯、レタス、チーズの量、ソースの種類、
そして、トッピングも自分好みに選んで
頼むことができるのが特徴。
タコライス好きのオーナーがいろんなお店で食べてきて、
美味しいけれどどこか物足りない。
ラーメン屋さんみたいに色々選べたらいいのになあと言う
わがままから生まれたのがこのmenu。
どんくんのペコペコBlog bどんくんのペコペコBlog c

その他、自家製で季節の酵素シロップもオススメ。
ここだけのspecialな味わい、
ジュースやお酒に混ぜて是非1度ご賞味あれ!
どんくんのペコペコBlog d
個性豊かな10人のスタッフが
曜日替わりで立っているのもこのお店の特徴の1つ。
木のぬくもりがとっても心地よい店内で
ゆっくり飲みに行ってみてはいかがでしょうか。
きっと心がほっこりあたたくなる時間が過ごせるはず。
どんくんのペコペコBlog e(撮影:峰岸祐太さん/シンヤ氏のライブラリーから
選りすぐりの写真をお借りしました。峰岸さん、
ありがとうございます!)

今年もサンダルキッチン主催の
100人BBQ CAMPが開催決定!
(2016/7/16 ~ 予定)
もー、このキャンプがすごいのなんのって。
行く時に友達があんまりいなくても、
帰る頃には、めっちゃ友達が増えちゃう。
スタッフの人柄からかなー、
集まってくる人も表情豊かで面白い人が多いのは。
このキャンプの続報は、店舗のみんなに聞いたり、
FACEBOOKやBLOGをCHECKして待ってみましょう!
どんくんのペコペコBlog f(撮影:澤野友哉さん/澤野さん、ありがとうございます!)
 

どんくんのペコペコBlog h(撮影:澤野友哉さん)
 

どんくんのペコペコBlog g(撮影:井口武さん/井口さん、ありがとうございます!)

 

サンダルキッチン
東京都杉並区阿佐谷南3-37-3
第4志村ビル202
03-5347-2464

営業時間
[月~土] 19:00~翌3:00 [日] 15:00~24:00
昼間のレンタルしてます! Facebookもあります!