Vaughan's TOKYO COFFEE BLOG Vol.10 -Cafe Bibliotic Hello! (Kyoto)- | cafemagazine

Coffee Break

Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.10  -Cafe Bibliotic Hello! (Kyoto)-

By  | 

Vaughan’s
独特の素敵な言葉で綴る、
ヴォーンさんの「TOKYO COFFEE BLOG」の第10弾!

今回は東京を離れ、京都まで出向いたようです。

「そうだ 京都、行こう」

という、JR東海のキャッチコピーが
思わず頭に浮かんでしまいました。

と、そんな事はさておき、
今回はどのようなカフェを訪れたのでしょうか?

-アドニ-
 
 

 Vaughan’s
 
昨日すみださんとこんな話をした

-明日、京都へいくんだ。
-何しに行くの? お寺を見に?
-ちがうよ、カフェにいくんだよ。
-京都の?
-そう。
 その場所で飲みたいコーヒーがあるカフェなんだ。
-東京にもいっぱいカフェはあるよ。
 ほら、僕らもいまその1つにいるしさ。
 道路の向こう側もみてみなよ 
 ほかのカフェがあるのがVaughanにも見えるでしょ。
 見えない?なんでただカフェに行くだけなのに、
 京都までいくの?
-・・・なんでかって言うとね、
 そのカフェは東京にはないんだよ・・・
 京都にしかね
‐・・・・

cafe bibliotic hello!についた 
京都の京町家だ
町家は日本の伝統的な家屋:
そこでは文化を継承しながらも
ショップやカフェになっている
“古くて新しい”
町家はその両方を感じられる場所だ
京都の路地を歩くと、
次々と町家の前を通り過ぎる
とても心地がいい
いや、訂正しよう  心が癒されるのだ

cafe bibliotic hello!で
僕は突然詩を書きたい衝動に襲われた
僕の人生ではじめての詩
その衝動はとても妙だった
だけど、この場所においては
この衝動がとても妥当な事だったのだ

僕はここに行く、
カフェビブリオティックハロー!に
天井たかーーーーーーーーーーーく伸びあがり
かすかな自然の光がぼくの目にやさしくふれた
おねがい、僕はさよならなんていいたくないよ 
僕の・・・関西
大きな壁が本のうしろに鎮座している
お客さんみんなが本を手に取り、
惹きつけられている
コーヒーも食事と同じように申し分がない
この場所は僕を落ち着かせてくれるし
気分を盛り上げてくれるようだ
この路地にある町家で出逢った人たちは
とても、とてもいとおしい

小山さんが入ってきた
僕は小山さんと共に座り
僕らは元気の源のコーヒーを飲んだ
彼は芸術を学んだ人だ
そして12年前にこの場所を作った
この場所は彼のコンセプトをもとに
一部はDIYで作られている
彼は色んな才能を持っている人だ
彼は日本画を描く
彼は写真を撮る(insta@MANTAROQ)
彼はcafe bibliotic hello!のキッチンで料理をする
彼は村のビジョンを語る
そこは芸術家たちが夢を果たすための
サポートをする場所
僕は結論を出した 
僕は今、良き指導者のもとにいるのだ
彼は良き師となるだろう

夕焼けだ
僕は2つの事を思いついた

1つはこれだ
僕はぼくを取り巻くすべての事に圧倒されている
そして僕は自分の突然の衝動を抑えることができない
詩を書くだけではない
より良くなるために一生懸命働くこと
もっと日本語能力をあげること
僕の息子が笑顔になるように
もっといろんな方法を見つけること
ずいぶん前に父が薦めてくれた
7分間エクササイズを始めること
僕を取り巻く人たちの内側に
なにがひそんでいるのかを見つけること
どうなるかなんて確かなことは分からない
だけどこのいろんな欲望が
ひっそりと僕に忍び寄ってきてハローっていうんだ

2つめは伝えるのが少し難しい
僕は普段とても華やかな生活をしている
家族はみんなエンターテイナーだ
そんなぼくもみんなといっしょ
だけど京都に来て
Hello!で過ごしていると
僕はなんだかとても儚く感じる
なにか一時のはかなさを
外は風が強くふいているから
花びらが1枚 また1枚と落ちていくのを見たから
そしてそれは多分 旅がとても短いから
すべてを書きとめる必要なんてひとつもない
だけど美しいことは僕の手の中にあるんだ
僕は星の王子様を手にとった
そしてはかない物語を読んだんだ
ふぅ・・・
そして今日はこれでおわり
そして僕は隣に座っているすみださんの方をみた
そして彼はこう言った:すごく良かったよ。
じゃあ京都に来たら
絶対行かなくちゃならないバーにいこうか?

—————————————
 
Translator Note:

私が生まれ育った京都。
京都の山の上で育った私が、
街中で一人暮らしを始めたときに、
真っ先に始めたことが自転車に乗って
色んなカフェに行くことでした。
(家が山の上だと自転車にのって行けないのです・・)
そんな中で一番のお気に入りのカフェがここでした。
ビブリオティックは入口にバナナの大きな木があり、
京都であって京都でないような
雰囲気をかもし出す場所です。
草木にあふれたテーブルの傍で
本を数時間読み続けた記憶があります。

今回、そんなお気に入りのカフェのブログ翻訳は、
原稿をもらった当初は後悔しましたが(笑)、
ビブリオテックの椅子にに座ってコーヒーを飲む
ヴォーンの姿を思い浮かべながら行いました。

ブログでヴォーンが初めて詩を書きたくなった、
と言って書いた詩は、
日本語でうまく伝えられていないかもしれません・・
是非、英語の原文でヴォーンの詩を堪能してください!

電車に30分乗らないと
スターバックスが無いなんてことはもうありませんが、
学生以来、ヴォーンと年に数回開催している
通称「コーヒータイム」は
これからも楽しんでいければと思っています。
 
Asapyon-(Kohara/Nomura) Asako
 
 
 
blog 10 (kyoto)
café// Cafe Bibliotic Hello!
wesbite// http://cafe-hello.jp
machine // la marzocco fb-80-2
beans// tamaya coffee
hours//11:30am-midnight

photography// Etsuko Lee (insta @etsuko_lee)
cover photo text & design// Mori Tanaka
barista// Yohei Sawamura (insta @sawavillage429)

 
 
Vaughanさんのfacebookページはこちら→
 

 Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s  Vaughan’s

with sumida yesterday

-i’m going to kyoto tomorrow
-why are you heading there? to see the temples?
-nah, i’m just off to a cafe
-in kyoto?
-yeah, there’s a cafe there i wanna have coffee at
-there are so many cafés in tokyo. look, we’re in one now. and look across the road,
there’s another one you see. are you blind? why would you go all the way to
kyoto just to visit a cafe?
-…because that cafe is not in tokyo… it’s in kyoto
-…

i have arrived at cafe bibliotic hello, in kyoto
it’s a machiya
a machiya is an old traditional Japanese home;
a keeper of culture
that has been turned into a shop or a cafe
it’s like the old and the new –
best of both worlds type of vibe
when you walk the streets of kyoto,
you pass machiya after machiya
it’s relaxing.
correction, it’s therapeutic.

at hello!, i have a sudden urge to write a poem on a napkin
my first poem ever
it feels odd, but it’s appropriate for the circumstances

here i go, at cafe bibliotic hello!
where the ceiling stretches way up highhhh
and the subtle natural light caresses my eye
please, i don’t want to say goodbye, to my… kansai.
one epic wall devoted to book after book
everyone’s taking a look, well hooked
the coffee hits the spot as does the food
this place seems to both calm me down and elevate my mood
the people we meet, so very sweet
at the machiya of the street

enter Koyama-San
i sit down with Koyama-San
and we have coffee, our lifeblood
he studied arts
and created this place 12 years back
this place was his concept and partly DIY
he is a man of many talents
he paints traditional japanese paintings
he takes photos that must be seen (insta @MANTAROQ )
he cooks in the hello kitchen
he speaks of his vision of a village
where he can support artists to fulfill dreams
i deduce i’m in the presence of a mentor
he will be my mentor

it’s sunset
and i have two things on my mind

one is that,
i’m overwhelmed by everything
and i can’t suppress my sudden urges…
to not only write poems but
to work harder and become better
to develop my Japanese ability more
to find more ways to make my son smile
to start that 7-minute workout my father recommended a while back
to find out more about what’s inside the people around me
i don’t know exactly how it happened
but these urges and more just crept up on me and said hello

the second is a little more difficult to convey
i normally live a very flamboyant life
my family are all entertainers
cut from the same cloth
but coming to kyoto
and spending time at hello
i feel something really fragile
something momentary
the wind is strong outside
i watch a few petals falling falling
and probably because the trip is so short
no one reason I can put this all down to
but beautiful things are just out of my grasp
i pick up a copy of the little prince
and read that fragile story
i sigh…
and that’s it for today
and i look over at sumida who is sitting next to me
and he says: going places is great. shall we see what kyoto has to offer in terms of bars?
 
 
※こちらのBlogは2014年4月10日にupされたものです。