Vaughan's TOKYO COFFEE BLOG Vol.9   -coffeehouse nishiya- | cafemagazine

Coffee Break

Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9   -coffeehouse nishiya-

By  | 

Vaughan’s 
独特の素敵な言葉で綴る、
ヴォーンさんの「TOKYO COFFEE BLOG」の第九弾!

毎回まるで一緒にカフェを訪問しているかの錯覚に
陥ってしまう臨場感溢れるヴォーンさんの世界を
味わう事が出来ます。

今回はどこに連れていってくれるのでしょうか?
またどんなエピソードが生まれたのでしょうか?

-アドニ-
 
Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9  
いつも、いつでも
僕は信号待ち
このカフェの向かい側で
そしていつも、いつでも
西谷さんは僕に気づいて
僕たちは笑顔を交わす

彼が手を振り、僕が手を振る
信号が青になって
竹中さんがドアを開ける
そして笑顔、暖かい挨拶
僕の気分はもう
寂しげな曇り空の影響をうけてない

西洋ではよく
お客さんはいつも正しい
というけれど、日本では
お客さまは神様
というらしい
それを知って、ちょっと皮肉だけど
こんなに気持ちのよいサービスを、
僕の方が崇拝するようになった

1人の男性がやってきて、自然に会話が始まった
アレックスはヨーロッパから来たビジネスマン
アレックスの人生には浮き沈みがあったけど
粘り強さが勝って、今はとてもうまくいっている
彼は自分にあった服の着こなし方を知っている
モーニングマキアートをここで飲む
彼の人生のストーリーを伝えるのは
僕の仕事ではないけれど
会ったばかりなのに、
もう彼のことをよく知っている気がする
なんで僕はオランダから来た人たちと
こんなに気が合うんだろう
アレックスは仕事に向かう
竹中さんがドアを開けた

次に入ってきたのはザラ
おはよう、ザラ
何このたくさんのカメラは?
ザラが尋ねる
僕はブログについて説明する
説明の間、ザラは三回あくびをする
なぜあくびするのか聞くと
彼女は全く当たり前のことを言うように、
まだ11時にもなってないじゃないと言う
そうか、説明の前に彼女にコーヒーを
飲んでもらうべきだったと気づく
彼女はパキスタン出身でメルボルンに移り住んだらしい
ここでコーヒーを飲むのが好きだと
彼女も仕事に向かう
竹中さんがドアを開ける

二人の日本人女性が入ってきた
二人とも素敵な着こなし
きっと双子だな、と僕は思う
二人は入ってくるなり熱心に会話をはじめた
だから邪魔しない
彼らは軽食を注文した
僕もご一緒したいけど
やっぱり邪魔しないことにした

コーヒーの前に、
ここにきてから出会った人たちについて考察した
結論を言うと
四人のうち四人とも
このコーヒーハウスをよく映し出している
素敵な着こなしで、センスがよく、上品な人たち

さて、コーヒータイム
西谷さんは彼のオリジナルドリンクを勧めてくれた
ダブルショットのエスプレッソとアイスのブレンド
ほんの少しのミルクを足しながら飲む
変化は人生のスパイスである、よし、それにしよう
フォトグラファーの彼は普段コーヒーを飲まないようだけど
一口飲んで、うなずいた
それを飲んでる彼はとても魅力的だと言わざるを得ない

アキは写真を撮っている
僕は外に出て店内をのぞく
コーヒーハウス・ニシヤを見る
誰も異存ないと思うけど
このカフェは美しい景色を連想させる
イタリアの小さな路地の角に建つコーヒーハウスの
のようで
子供絵本の中のコーヒーハウスのようで
僕がいつも夢にみる楽園のコーヒーハウスのよう

西谷さんは水を得た魚のように生き生きとしている
彼の頭からつま先まで眺めてみる
彼のユニフォームはすばらしい
僕もこのベストが欲しい
(デザイナーの斎藤久夫さんが彼のために特別にデザインしたもの)
白の丈の長いエプロンも素敵だと思う
彼のニューバランスは、はじめグレーだったらしい
でも今はコーヒー色
ニューバランスはこの色の靴を売ればいいのに
そして一番良いのは
今日は僕のために左右違う靴下を履いてきてくれたこと!
コーヒーハウス・ニシヤ
僕の夢にでてくる楽園のカフェはここだといいな

————————————–

Translator notes:

彼の行動力と好奇心にはいつも驚かされてばかりです。コーヒーが好きだからといってブログをやり始めたときは、まさかこんなにいろんなプロフェッションの方々を巻き込んで、しかも毎月10日に律儀にパブリッシュするとは思いもしませんでした。毎月、カフェを決めてフォトグラファーとトランスレーターをオーガナイズして自分で文章を書いて、事前告知もやって。そこまでやるか!というくらい情熱を傾けているこのブログ、いつもヴォーンの人柄がよく現れた楽しいものになっていると思います。

さて、今回のコーヒーハウス・ニシヤ。今回はニシヤさんにしたら?といってみたものの実は私は行ったことありませんでした。
ただ、ヴォーンがはじめてニシヤにいったときすごく素敵だったって感動していて、何かストーリーが生まれそうだなと感じたことが記憶に残っていたのです。

いつもカフェの話(と息子の話)ばかりの私たち夫婦ですが、ストーリーのあるカフェというのは、コーヒーがおいしいカフェとかおしゃれなカフェとはまた別の水準である、ということに最近気づいてきました。素敵なカフェはごまんとある東京にいても、やっぱり心に残る場所とかここだ!と思う場所というのは実はそんなにないのです。

ニシヤさんはそんな稀な場所の一つなんだと思います。その証拠にとてもかわいらしいエピソードがここにひとつ生まれました。

ヴォーンの感性を通してそういった場所の成り立ちについて考えていきたいなというのは場所をつくることを生業にしている私の一つの研究テーマです。

これからも自分の思いのままに、いろんな人たちとコラボレーションしながら、チャレンジを続けてください。そんなあなたを尊敬して、応援しています。

根本(アリソン)理恵

 

blog 9
café// Coffeeehouse Nishiya

wesbite// http://coffeehousenishiya.com/
station// shibuya eki
machine // la cimbali m39 gt
beans// brazil & el salvador
(roasting by torrefazione rio)
hours//10am-10pm (closed tuesdays)

photography// akihiro itagaki
(http://patchworkology.blogspot.jp/)
cover photo text & design// Rie Nemoto
baristas// Kyohei Nishiya, Yuki Takenaka

 
 
Vaughanさんのfacebookページはこちら→
 
Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 Vaughan’s TOKYO COFFEE BLOG Vol.9 
each and every time
i wait at the lights
from across the street
and each and every time
Nishiya-san spots me
we exchange smiles
he waves, i wave back

i’ve got the green man
Takenaka-san’s got the door
more smiles, warm greetings…

my mood is no longer reflected in the gray dreary sky

in the west the saying goes the customer is always right
but in japan, they say the customer is god
and the after effect, for me, somewhat ironically,
is that after i am treated so well, i am the one worshiping

i meet a guy and a conversation naturally starts
Alex is successful business man from europe
life has had its ups and downs for Alex
but tenacity prevailed and all now is good
he is a man who knows how to dress
he gets his morning macchiato hit here
his life story is not mine to tell
but i’ve learned a lot in the short time i’ve known him
how come i bond so well with people from holland
Alex is off to work –
Takenaka-san’s got the door

next customer in is Zara
hi Zara
what’s with all the cameras
i explain about the blog
zara yawns three times during the explanation
i ask about the yawning
she explains in a matter of fact way that it’s not 11 yet
i realize i should speak to her after she’s had her coffee
she’s from pakistan, and moved to melbourne
she likes to drink her coffee here
she’s off to work too –
Takenaka-san’s got the door

two japanese ladies enter, elegantly dressed
i guess twins
they are immediately deep in conversation
so no interrupting
they order a bite
i want to join them
but I leave them be

before coff, i reflect on the people i have met here so far
i conclude that four out of four reflect the coffeehouse itself;
well dressed, good sense, fine people

now it’s coffee time
and Nishiya-san recommends his original drink;
2 shots of espresso & ice, blended
and you add little dashes of milk before each sip
variety is the spice of life, so why not
my photographer is not a coffee drinker
but he takes a sip and nods
i have to say, he looks attractive drinking it

Aki’s taking photos
i go outside and look in
one look at Coffeehouse Nishiya and no one would doubt this:
this cafe is a beautiful sight to lay your eyes on
it could be a coffeehouse on the corner of a little street in italy
it could be a coffeehouse in a children’s picture book
it could be that coffeehouse in heaven i often dream about

Nishiya-San is in his element
i look closely at him from head to toe
his uniform is stunning, i want this vest
(designed especially for him by Hisao Saito)
i’m a fan of the long white apron
his new balance shoes were once gray
but are now coffee brown
new balance should sell this color
and the best part of all
he is wearing the odd socks for me today

Coffeehouse Nishiya
i really hope you’re that cafe in heaven…
  

※こちらのBlogは2014年3月10日にupされたものです。