"Special Interview" with KOTARO NOMURA of 「PRANA CHAI JAPAN」 | cafemagazine

Coffee Break

“Special Interview” with KOTARO NOMURA of 「PRANA CHAI JAPAN」

By  | 

PranaChai top
 

「コーヒー以外に “チャイ” という選択肢を増やす事で、カフェを少しでも盛り上げたい」

  
“Special Interview” with KOTARO NOMURA of 「PRANA CHAI JAPAN」
 
 
 
 
一2016年に日本に上陸した「PRANA CHAI(プラナチャイ)」の日本代表取締役 野村功太朗さんにお話を伺います。
本日はよろしくお願いします!!

よろしくお願いします!
あ、その前に先日イベントで訪問した先で買ってきたお土産のカステラなのですが、良かったら食べません?
 
 
一あら美味しそうですね!! ありがとうございます。では頂きながらインタヴューという事で(笑
まず野村さんの経歴をお伺いしたいのですが、元々バリスタさんだとお聞きしまたが…

そうですね。
オーストラリアのメルボルンで4年間バリスタをしていて、半年前に日本に帰国しました。
 
 
一という事はまだ帰国されて間もないのですね! ところでなぜバリスタになろうと思われたのですか? 

10年前くらいにスノーボードのインストラクターをしていたのですが、接客が好きで手先が器用な事から、当時彼女(現:奥様)からバリスタをやってみたら? とすすめられたのがきっかけです。

当時バリスタという職業がまだポピュラーではなかったので、お店に「ラテアートってそちらで勉強できますか?」と電話をかけるところから始めました。そしてマシンが触れるコーヒーショップで働く事になり、そこで基本的なコーヒーの作り方を覚えました。
 
 
一コーヒーは元々お好きだったのですか?

実はこの頃コーヒーはあまり得意ではなかったんです(笑。 そんな時に自家焙煎の専門店で色々なコーヒー豆の特徴を知り、コーヒーの奥深さに魅了されてしまったんです。以降自分でコーヒーについて色々勉強し、自然とコーヒーも美味しく飲めるようになりました。
 
 
一意外とそういう方多い気がします。苦手⇨好きになるっていう… それでオーストラリアに行くきっかけは何だったのですか? 
  
コーヒーに関わって2年程経った時に、友人が白馬のスキー場にお店を出すとの事で、バリスタとして立ち上げに参加する事になったんです。

そこで、オーストラリアから来たお客様に「良いコーヒーを作るね!自分のお店で一緒に働かない?」と声を掛けてもらったのがきっかけで、オーストラリアに行く事を決めました。

ただ、声を掛けてくれた方と途中で連絡が取れなくなってしまったのですが、行く事を決めてしまっていたので、とりあえずメルボルンに行ってしまおうと(笑。

PRANA CHAI
 
一では結局なんのツテもなくいきなり行かれたのですか? 
 
結果的にはそうなりますね。後で気づいたのですが、誘ってくれた方のmailが実はジャンクボックスに溜まっていて、気付かなかったというオチがありましたが結局そこでは働かず、
イチから仕事を探して働いていました。ただ当時英語も喋れないし、外国での接客の経験はないので、まずは日本食レストランで三ヶ月バイトをしながら、コーヒー関係のイベント(大会やパブリックカッピンッグなど)には行ける限り顔を出して、友達を沢山作るというところから始めました。
 
 
一もの凄い行動力ですね!!その後カフェなどで働いていたのですか? 

最初のお店だけはレジュメ(履歴書)を持って行って働いていましたが、その後は知合いの紹介などで延べ10店舗以上のカフェで働きました。
 
 
一10店舗も? 

休みの日もカフェを巡っていて、コミュニティーが沢山出来ていたので、フリーのバリスタのようなスタンスであちこちで働いていました。店舗によってマシンやカップ、豆、ミルク、客層などがそれぞれ違うので、複数のカフェで働く事で特別な経験をさせてもらいました。日本とは違った”ボーダーレスな接客”と、ひたすら抽出をしていた4年間で、普通では得られない沢山の事を学びました。
 
 
一そんな第一線のバリスタとして活躍していた野村さんが、「PRANA CHAI JAPAN」をやる事になったきっかけを教えてください。

メルボルンで最初に働いたカフェでバリスタをしていた同僚が、チャイにハマって「PRANA CHAI」を立上げました。今ではオーストラリアで1番人気のチャイと言われていて、扱っている店舗でいうと、オーストラリアで3000店舗、アメリカで200店舗、他にもヨーロッパ、シンガポール、マレーシアにも卸していて、日本での展開を自分にお願いしたいと誘われたのがきっかけです。

カフェは多いけど、まだまだチェーン店舗が強い日本の現状で、メルボルンのように生活の一部としてもっとカフェ文化を根付かせたいと感じていた事もあり、コーヒー以外に“チャイ”という選択肢を増やす事で、カフェカルチャーを少しでも盛り上げられればと思い「PRANA CHAI JAPAN」をやる事を決意しました。現状で80店舗ほど取り扱って頂いておりますが、秋以降問合せも増えています。
 
 
一「PRANA CHAI」について、もう少し詳しく教えて頂けますか?

まずブランド名のプラナチャイですが、Pranaとは「生命の源と考えらている宇宙のエネルギー」の事で、「気」と呼ばれることもあります。スターウォーズで言うところの”フォース”みたいな感じです(笑
 

一なるほど! それはわかりやすいですね!!普通のチャイとの違いについても教えてください。

プラナチャイの特徴は、化学薬品や添加物不使用の完全天然素材を使用し、高級茶葉と厳選されたスパイス、砂糖は一切使わずハチミツを使用した体に優しいチャイです。ハチミツが茶葉とスパイスのコーティングの役割を果たしており、茶葉とスパイスの香りを飲む直前まで守ってくれています。

茶葉に関しては普通アッサムを使うのですが、渋みが少ないセイロンティーを使用しており、特にこだわりが強いスパイスは、ただ普通に加えるのではなく、種類によって、焙煎したり、ミキサーにかけて粉末にしたり、一部だけを使用したりと味にレイヤーを出しています。

説明では伝わらない事もあるので、まずは飲んでみてください!

PRANA CHAIPRANA CHAI
 
一ありがとうございます。では頂きます! お、美味しい!! 確かに層というか深みを感じますね。ゆっくりカラダに沁み込む感じで優しい香りで落ち着きます。まさにフォースを感じますね(笑。 ちなみにミルクではなく豆乳を使っていましたが、豆乳の方が良いのですか?

ミルクでも良いのですが、豆乳との相性がとても良いのは確かです。今回、ボンソイ*という豆乳を使用したのですが、プラナチャイとの相性がとても良くてクリーミーでクセが全くないので、プラナチャイの良さを引き立てやすいのかもしれません。
 
 
一最近ではカフェで「このチャイはプラナチャイですか?」とお客様から聞かれる事もあるとか?
 
そうなんです。お陰様で徐々に「PRANA CHAI」の認知度が上がってきているように感じています。元々チャイはヒンドゥー教の自然医療法で、スパイスはその昔 “薬” の役割を果たしていたりと、漢方的な効能もある為、特に健康志向の強い方には好評を頂いています。

もちろんコーヒーが飲めない方にもオススメなので、是非一度、PRANA CHAIを扱っているカフェなどで飲んでいただきたいですね。また、様々なイベントや、POP UPでの出店なども積極的に行っているので、PRANA CHAIの魅力を一人でも多くの方に知って頂けたら嬉しいです!
 
 
PRANA CHAI JAPAN
https://pranachai.jp  

​茶葉や、グッズの販売はこちらから⇩
https://pranachai.stores.jp/

野村さんのInstagram
https://www.instagram.com/kotaro_nomura/

PRANA CHAI
 
“野村さんが自信を持ってオススメするのだから間違いない”と思わせるのは、オーストラリアの様々な人気カフェの第一線で活躍してきた経験とスキルはもちろん、野村さんの “人柄”や”魅力” といった目に見えないスパイスが、「PRANA CHAI」をよりいっそう魅力ある飲み物にしているのではと感じたインタヴューでした。

CAFEmagazine
編集長 アドニ猪田

 
 
 
PRANA CHAI
*ボンソイとは「メルボルン」のカフェでソイラテといえば「BONSOY MILK(ボンソイミルク)」を指す程の人気の豆乳で、パリやロンドンなど世界中にも多くのファンがいます。化学製品を使っていないので、口に入れた瞬間に感じる甘みは少ないが、アフターテイストがいつまでも感じる余韻が楽しめます。

今回取材場所を提供してくださったLAPAZさんでは、このボンソイを扱っており、LAPAZさんのサイトからネット販売も行っているので興味のある方はこの機会に是非試してみてください!
 
Bonsoy(ボンソイ)購入ページ
http://www.lapaz-tokyo.com/shopItems/3076748
 
 
Prana Chai の Gift BOXも購入可能です。
http://www.lapaz-tokyo.com/shopItems/4510815
PRANA CHAI

取材協力:LAPAZ
http://www.cafe-magazine.com/?p=17496
 
 
 
PRANA CHAI 取り扱い店舗

SHIBUYA
THE THEATRE COFFEE
THE LOCAL COFFEE STAND
TSUKUYOMI COFFEE SHIBUYA
HARAJUKU
ORGANIC TABLE BY LAPAZ
GLOCAL CAFE
Garden House Crafts CPCM店

OMOTESANDO
bills OMOTESANDO
LATTEST OMOTESANDO

DAIKANYAMA
PERCH by Woodberry Coffee Roasters
Garden House Crafts

MINAMI-AZABU
_Nem_ COFFEE AND ESPRESSO

NISHI-AZABU
TSUKUYOMI COFFEE

AZABU-JUBAN
可不可(デザートとしての提供のみ)
LATTEST麻布十番店

GINZA
bills銀座

KAGURAZAKA
CAFE NUMBER THREE
UNPLAN

NISHI-KANDA
10 DIXANS
HONGO
FARO coffee and catering

ODAIBA
billsお台場

HACCHOBORI
CAWAII BREAD & COFFEE

JIYUGAOKA
BLUE BOOKS CAFE 自由が丘店

OKUSAWA
OKUSAWA COFFEE FACTORY

KOKUBUNJI
LIFE SIZE CRIBE

SHIMOKITAZAWA
FRANKIE MELBOURNE ESPRESSO
RBL CAFE

SETAGAYA DAITA
GLAUBELL COFFEE

MUSASHISAKAI
NORIZ COFFEE

GOTOKUJI
IRONCOFFEE

UMEGAOKA
時々カフェ

FUTAGO-TAMAGAWA
bills二子玉川

SHINAGAWA
Cafe and holl Hours

FUSSA
CAFE D-13

CHIBA
CAFERISTA

KANAGAWA
bills赤レンガ倉庫
bills七里ヶ浜
27 COFFEE ROASTERS
KOK

SHIZUOKA
PETIT CALIN

HOKKAIDO
ONIYANMA COFFEE

IWATE
NAGASAWA COFFEE
CAFE JOURNAL

MIYAGI
TEATO
CAFE LARK+
CAFE BALMUSETTE

YAMAGATA
珈琲島

NIGATA
THE COFFEE TABLE 三条店
THE COFFEE TABLE 上大川前通本店
B・B CAFE
SUNNY FRIENDS CAFE
EALY CAFE

SADO
しまふうみ
Coffee&Tea22

GUNMA
ROBSON COFFEE
ROBSON COFFEE ARTS MAEBASHI

AICHI
THE CUPS SAKAE
coffee and vegetables THE CUPS
BONTAINE COFFEE
MITTS COFFEE STAND
豆珈房
豆蔵

MIE
オトモニコーヒー
8*heab
三時の羊cafe

OSAKA
COFFEE ROUGHNECKS
FOODSCAPE!
Cuisine and Espresso 旅路Kitchen
ひねもすぱん

HYOGO
花カフェFLOWA

KYOTO
KURASU

NAGASAKI
DRIC COFFEE

KAGAWA
コルシカ珈琲
206
COPOLI DOUGHNUTS

FUKUOKA
茶凡-SABON
MANLY COFFEE
bills福岡
リトルハニー室見店
PEACE倉庫

KUMAMOTO
AND COFFEE ROASTERS
AND COFFEE BREWERS
琥珀の刻

OKINAWA
TIMELESS CHOCOLATE
THE CLUB HOUSE CAFE
 
 
 
 

Give a boost to cafe culture by choosing CHAI.

“Special Interview” with
KOTARO NOMURA of 「PRANA CHAI JAPAN」

 
 
一Today, we’re here with Mr.Kotaro Nomura C.E.O. PRANA CHAI come over this year.
 
Glad to be here!
Tell you what, why don’t you have a Castella pancake brought for souvenir from an event before.
 
 
一Wow, that’s nice. OK, let’s start interview with having it.
Let me know your carrier. I’ve heard that you’re barista.

 
Yes, I’ve been working in Melbourne four years for barista, then I came back to Japan 6 months ago.
 
 
一That’s mean, coming back recently!
By the way, what made you become a barista?

 
I had been working as instructor of snowboarding for 10 years, then my girlfriend proposed that I should do cause I’m good at serving customers and skillful, this is motivation.

At the beginning I had phone call cafes I can learn ‘Late Art’ , cause Barista was not so popular than today.
Then I started working at cafe and handling espresso machines, I have learned basic techniques at there.
 
 
一Do you like coffee from way back?
 
To tell the truth, I am not much of a coffee…but getting know characters of coffee bean at home-roasted shop, I was completely fascinated by coffee.
Then I have studied about coffee more, love to drink much naturally.
 
 
一I often hear the story like that. from hate to love…
And… what made you to go Australia?

  
After two years have passed I have been working in coffee business, my friend going to have own shop at ski lodge in Hakuba, I got a job at there as barista.
One day, I got a compliment by a customer who from Australia, and he asked me to join their business.
“You make nice coffee, why don’t you come over to work with us?”
Just because I went to Australia.
on my way to go, I got lost the way to touch with the Australian.
But since I decided to go already, I went Melbourne for the time being.
 
 
一Wow, this is mean, you went there without any connection, didn’t you?
 
Yes, in the end.
There is punch line in this story, I recognized later, I found the mail from the Australian from junk box.
But I didn’t work with them, try to find the job start again from the beginning.

However, I couldn’t speak English very well at that time, also I don’t have any experience of serving customers at over seas. Just because I worked at Japanese restaurant for three months and tried to make connection a lot by going coffee event as much as I can.
 
 
一Wow, tough! How energetic!
Then you got a job at cafe, isn’t it?

Yes. I brought a resume just one time at first shop, then I could worke around 10 more shop by my connection.
 
 
一10 more shop?
 
I checked around coffee shop even day off, I worked as non agent barista besides many communities are there.
According to working at many shop, I could use much machines, beans, milk and serving different kind of customers. That was very valuable experience.
Through to four years, I spent the time much serving customer borderlessly differ from Japan and brewing coffee much, I think I have learned much more things than that could happen in ordinary work in Japan.
 
 
一Let us know your motivate to start the business ‘Prana Chai Japan’ even you have carried on as barista.
 
My colleague who worked together as barista in the cafe that I worked in first in Melbourne, addicted chai: founded ‘Prana Chai’.
Now, Prana Chai is the most popular label in Australia, and business with the 3000 shop in Australia, 200s in United States, and also we expand business in Europe, Singapore, and Malaysia.
I was asked to manage expanding business to Japan, this is the motivation.

Now we can find cafe easily, but most of all’s are franchisee, since I had been wanting cafe culture get into your life much deeper, I decided manage the Prana Chai Japan just because give a boost to cafe culture by increasing opportunities of choosing ‘Chai’.
Now we have business with 80 more shop, also we getting offers much from autumn.
 
 
一Could you tell us more in details about Prana Chai?

First, the name Prana Chai, Prana stands for energy of the universe that origins of life; sometimes they called ‘ki’, such as ‘force’ when it comes to ‘Star Wars’.
 
 
一I see, that’s easy to understand.
Have any unique character compare to others?

 
Yes, Prana Chai is good for your health.
We don’t use any chemical & artificial additives, we use strictly-chosen tea leaf and seasonings also we use honey instead white sugar.
In most cases, Chai is made with Assam black tea, but we use Ceylon’s, this is mean Ceylon’s are less bitter taste.
In our premier seasonings, sometimes we make some touches; roast, grind into powder and get rid of particular parts.
This process gives tastes layered.
Why don’t you try some?
 
 
一Thank you!
Let see… mmm Great!
Layered… feel deep, rich taste indeed.
Feel like spreading my body, and tender flavor eases my mind.

Yes, I felt ‘Force’ 🙂

By the way, you used soy milk instead milk.
Soy milk much better?

 
You can use milk too, but soy milk is much better for Chai.
Today I made it with soy milk named ‘bonsoy’, this is good match for Prana Chai; creamy and mildness easy to back up charm of Prana Chai I believe.
 
 
一I’ve heared that you get more chance to get asking from customers like ‘is this Prana Chai?’ at cafe.
 
Yes indeed.
Luckily I feel Prana Chai is much familiar day and day.

We get a good reputation from especially Health-concious people, just because Chai is natural therapy of Hinduism originally, spices are also used as medicine by ancient people. People expect good effect like Chinese/herbal medicine.

Off course we recommend our Chai for the people who are not much of a coffee.
Also we try to much harder to introduce Prana Chai for many people by various events and temporary shop!
 
PRANA CHAI JAPAN   
https://pranachai.jp  
 
 
一Thru this interview, I can’t help believe in Mr.Nomura’s proudly recommendations, just because this is caused of his lots of experiences & skills thru to variaty of popular cafe in Australia.
Also his attractive personality would be ‘Nice spice’, and makes Prana Chai much lovable drink.

CAFEmagazine
Cheif editor: Adoni Inoda
English subtitle: Hisato