CANVAS TOKYO
広尾駅から徒歩4分の場所にある、
元々は倉庫だった細長い真っ白な建物が目印の
ギャラリーカフェ「CANVAS TOKYO」。

「お店ならこうあるべき」などの概念は必要ないと
コンセプトは敢えて持たず、
“オープンコンセプト”というスタンスで、
コーヒースタンドをベースにしたお店を
2015年10月28日にOPEN。

深煎りを中心に厳選されたコーヒー豆を使用しており、
ヘッドバリスタYoshiさんオススメのフラットホワイトは、
わざわざ遠方から飲みにくる人もいるとか。
他には体に優しい麻布十番nicoドーナツや、
大豆スムージーからジューシードッグなど
コーヒーが飲めない人でも楽しめるのが嬉しい。

商品にはそれぞれ考案者と思われる人物の
可愛いイラストが描かれているが、
実はこれ架空の人物。

ただのロゴだけでなくストーリーを持たせたいと、
それぞれのキャラクターを設定。

架空なのか現実なのかと言う意味でも
全ての境界線をなくした
ニュートラルな状態をどんどん作っていけたら
不思議で魅力的な空間になるんじゃないかと話す
オーナーの佐藤さん。

今後はギャラリーだけでなく、
ワークショップやイベントなども
積極的に行っていくとの事で、
お客様とスタッフはもちろん、
街とお店も垣根のない様々な”色”が交差する
まさに”CANVAS”のような
コミュニケーションスペースカフェのひとつ。
 
 
 
CANVAS TOKYO

Address:東京都渋谷区広尾5-19-6
Tel:03-6432-5700
HP:http://www.canvas-tokyo.com
FB:https://www.facebook.com/Canvas-Tokyo
Regular holiday:無休
Time:11:00 ~ 19:00
 (LO 18:30,dドーナツスムージーは19時まで)
取材日時:2016.7

※店舗情報は取材時の情報になります。
最新の詳細に関しては店舗に直接お問い合わせください。

CANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOCANVAS TOKYOPhotography & Text : Takashi Inoda
 
 

近郊エリアのCafe➡

  
 
 

About

カフェから生まれる
ヒト・コト・モノ を発信する
CAFEカルチャーマガジン


Powered by: Web Designers

cafemagazine © 2017 All Rights Reserved

カフェから生まれるヒト・コト・モノ を発信するCAFEカルチャーマガジン